賃貸物件|住み替えマニュアル


さぁ、契約も済ませたし、後は新しい環境での生活を無事にスタートさせるだけ!
でも、スタートで失敗するとその後もうまくいかないかも・・・。だから引越しはできるだけ慎重に進めていきましょう。
現在の住まいの大家さんに退去を報告
退去報告は基本的に1ヶ月前ですが、契約内容によっては2ヶ月前というところもありますので、今住んでいる家の契約書をもう一度見直して早めに連絡するようにしましょう。
電話会社に連絡
新しい電話番号の予約をします。電話会社に確認を。
引越し会社に見積りを依頼
何でも早めが一番。ぎりぎりになると、混んでいてどこも対応してくれない!来てくれても超割高!なんてことも。
引越し日の決定
早めに決めて、当社・今の住まいの大家さん・引越し業者に連絡しましょう。
引越し用のダンボール・梱包材・新聞紙集め
この地道な努力が後の成功をよぶのです。少しずつ集めていきましょう。
普段の生活になくてもよいものを荷造り
押入れの中の物や、普段の生活に使わないようなものをダンボールにつめていきましょう。この時に、要らない衣類などを整理すると引っ越してから快適ですよ。
新居の部屋のレイアウトを考え、書いておく
引っ越しの日に、慌てないようにレイアウトを決めておきます。引越し業者の方への説明もすぐにできるようにします。
現在所管轄の役所で転出の手続きを行う
住民登録・国民年金・国民健康保険など、役所での手続きを済ませましょう。
住所変更を連絡
銀行・郵便局・カード会社・ガス会社・電力会社・水道局・NHKなどに住所変更を連絡しましょう。
引越しの日まで使わないものを荷造り
引越しの日まで1週間、使わないものを詰めてしまいます。急に必要になる場合もあるので、出しやすい場所においておきます。
1週間で食べきるよう食品の調節
当日に食品を運ぶのは大変です。特に冷凍食品は溶けてしまうので要注意。
全部食べきるようにしましょう。冷蔵庫の整理にもなって一石二鳥!
当日使う貴重品等以外を荷造り
当日使いそうな財布・身の回りのもの以外のものを詰めます。
洗濯機の水を抜く
時間がかかるので、早めに。
冷蔵庫の電源を抜く
前日から抜いておくと、霜が溶けて掃除もできます。
貴重品をまとめる
貴重品は引越し作業の間、身に付けておけるようにしておくのがベストですが、無理な場合はわかりやすいかばん等に入れておきましょう。後で「失くしちゃった!」なんてことも多いです。
荷物の最終チェックと掃除
運ぶ荷物の忘れ物は無いかと、今まで住んでいたお部屋にお礼の意味も込めてキレイに掃除します。発つ鳥跡を濁さずですね。大家さんの印象も良いので、保証金返金などにも影響してきます。
公共料金の清算・大家さんに挨拶と家賃の清算
今まで住んでいた住居での公共料金の清算と、家賃の清算と一緒に退去のお部屋確認をして鍵を大家さんに返却しましょう。
新居の掃除
当日は掃除ばかりすることになります。汚れても良い格好で作業しましょう。
大家さん・ご近所の方に挨拶
大家さん・ご近所の方に引越しの挨拶に行きましょう。引っ越してから2〜3日以内に行くのがベストです。元気があれば当日でもOK。
ご近所の方は、両隣、2階以上であれば自分の部屋の下に住んでいる方には最低限ご挨拶はしておきましょう。
新住所管轄の役所で転入の手続きを行う
住民登録・国民年金・国民健康保険など、役所での手続きを済ませましょう。
警察署で運転免許証の住所変更
運転免許証をお持ちの方は、必ず最寄の警察署に住所変更に行きましょう。

これで引越しもバッチリ!
住み替えにはお金やパワーが必要なもの。
でも、素敵な新居での新生活が待っています!あなたなりのライフスタイルを過ごしてく ださいね!!